開発ヒストリー

「米国で成功するクルマに。日本の顧客も考慮せよ」この社長命令でSUBARU「インプレッサ」は始まった

 さらに、日本では交通事故死者のうち歩行者や自転車の割合が高いことに注目。追突時にフロントガラス外側にエアバッグを出し、歩行者の頭などを守る装備を国産車で初めて採用した。阿部氏は「日本の需要を高めるもう一つの要素として必要だった」と語る。

 新型インプレッサは昨年12月、国内で最も優れた新車に贈られる「2016-17 日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞。選考委員は「新開発のプラットフォームなどで質の高い走行性能を持つとともに、歩行者保護エアバッグなど世界トップレベルの安全性能も実現した」と評価した。

 阿部氏はこう語る。

 「米国市場は台数や収益が大きい。ただ、日本メーカーは国内で輝くことが人材確保の面などで重要だ」(会田聡)

インプレッサ SUBARUが平成4年から販売する小型車。車名は「紋章」「金言」などの意味を持つ英語「impresa(インプレイザ)」に由来する造語。技術を基に軽快、スポーティーなど新鮮な印象(インプレッション)を与えるクルマという思いを込めた。