【魅惑アスリート】フィギュア世界女王・エフゲニア・メドベージェワ17歳 今度は「舞妓Haaaan!!!」日本文化大好き - 産経ニュース

メインコンテンツ

魅惑アスリート

フィギュア世界女王・エフゲニア・メドベージェワ17歳 今度は「舞妓Haaaan!!!」日本文化大好き

【魅惑アスリート】フィギュア世界女王・エフゲニア・メドベージェワ17歳 今度は「舞妓Haaaan!!!」日本文化大好き
【魅惑アスリート】フィギュア世界女王・エフゲニア・メドベージェワ17歳 今度は「舞妓Haaaan!!!」日本文化大好き
その他の写真を見る (1/9枚)

 フィギュアスケートの世界女王、エフゲニア・メドベージェワ(17)。今年3〜4月の世界選手権で233.41点と世界歴代最高得点を更新し、並み居る強豪を抑えて連覇を成し遂げた。

 しかし、勢いは留まることを知らなかった。この後の国別対抗戦ではショートプログラム(SP)で80点台、フリーで初の160点台超えを果たし、女子フィギュア史上初の240点台となる241.31点をマーク。著しい成長は周囲を驚愕させるばかり。このため、早くも来年2月の平昌五輪の制覇がささやかれるほどだ。

 そんな実力者も一歩リンクを離れると17歳の少女。「アニメオタク」として有名なのだ。特に「セーラームーン」好きで知られ、原作者の武内直子さんとの記念写真を自らのSNSにアップするほど入れ込んでいる。16年のドリーム・オン・アイスに続き、17年4月の国別対抗戦のエキシビションでも主人公、月野うさぎのコスプレで登場し、魅力的な演技とともに会場を熱狂に包んだ。最近ではフィギュアスケートを題材にしたアニメがお気に入りとか。

 インターネットサイトには、メドベージェワが現在、日本語を学び、日本語でセーラームーンのテーマソングを歌うことができると紹介されていた。

 フィギュアの進化に負けず劣らず、親日家の度合いも深化している。約20万人のフォロワーがいるインスタグラムで、5月中旬に舞妓姿の写真をアップすると、インターネット上で話題をさらっていた。赤い着物を着て、顔にはオシロイを塗り、カツラをかぶり、顔の左側にはすだれのようにぶら下がる「ぶらぶら」を飾りつけている。本格的な舞妓姿に本人は「私が今日、京都で出会った人を見て」とノリノリのコメントを書いている。フォロワーも「きれい」とか「かわいい」などと応じる書き込みをして反響を呼んだ。

 女子フィギュア界では日本勢のライバルだが、日本文化をこよなく愛する魅力的な美女アスリートの今後の動向が気になる。