浪速風

「鉄人」には拍手喝采だったが

6回、内野ゴロに倒れた阪神・鳥谷敬=甲子園球場(撮影・松永渉平)
6回、内野ゴロに倒れた阪神・鳥谷敬=甲子園球場(撮影・松永渉平)

代打で登場した鳥谷敬内野手(阪神)に甲子園球場が沸いた。前日、顔面に死球を受けて鼻骨骨折と診断された。フェースガードの下は明らかに腫れている。痛みも恐怖心もあるだろうに、おくびにも出さず、史上2位の連続試合出場を更新した。さすが「鉄人」である。

▶こちらのボールは安倍政権をのけ反らせた。学校法人加計(かけ)学園の獣医学部新設計画をめぐり、「総理の意向だ」などと記載された文書について、文部科学省の前川喜平前事務次官が記者会見で「私が在職中、確実に存在した」と述べた。文科省は「確認できなかった」としているし、菅義偉官房長官も「出所が不明で信憑(しんぴょう)性も定かでない」。

▶今のところは水掛け論である。前川氏は在職中、援助交際の交渉の場になっている出会い系バーに出入りしていたと報道された。「事実」と認め、「女性の貧困を知るための実地調査だった」と釈明したが、信じがたい。「鉄面皮」と言っては失礼だろうか。