速報

速報

北朝鮮がミサイル発射か 海上保安庁発表

サイバー攻撃

「北のサイバー攻撃、外貨獲得が目的」 NSA元首席監察官、ジョエル・ブレナー氏がズバリ

産経新聞のインタビューに応える米国家安全保障局(NSA)の元首席監察官、ジョエル・ブレナー氏=2017年5月24日、東京都港区のインターコンチネンタルホテル
産経新聞のインタビューに応える米国家安全保障局(NSA)の元首席監察官、ジョエル・ブレナー氏=2017年5月24日、東京都港区のインターコンチネンタルホテル

 サイバーセキュリティーの専門家で米国家安全保障局(NSA)の元首席監察官、ジョエル・ブレナー氏(69)が25日までに都内で産経新聞の単独インタビューに応じ、世界各地で今月発生した大規模サイバー攻撃について「北朝鮮による外貨獲得が目的」との見方を示した上で、「北朝鮮のサイバー攻撃の能力は急速に上昇している」と警鐘を鳴らした。(住井亨介)

 ブレナー氏は、世界で約30万件の被害が出た今回のサイバー攻撃について、「他の国や犯罪組織による犯行の可能性もあるが、過去の事例との共通点、他では見られないコード(暗号情報)などから、北朝鮮の犯行とみられる」とした。

 動機については、「攻撃は外貨を得るために仕組まれたものだ。実際には失笑するようなわずかな資金しか得られず、ほとんど失敗だった」と断定。英国の医療機関などにもたらされた深刻な混乱は付随的なこととしつつ、「金正恩朝鮮労働党委員長は注目を集めたいのだ。破壊的、幼児的で狂っている。(国際社会から)無視されることに耐えられない」と述べた。