加計学園

公明・井上義久幹事長 4野党の前川喜平・前文科次官の証人喚問要求に応じず「お呼びして何を聞くのか」

 公明党の井上義久幹事長は26日の記者会見で、学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設計画をめぐり民進党など4野党が求める前川喜平・前文部科学事務次官の証人喚問に応じない考えを示した。「お呼びして何を聞くのか。必要があれば、松野博一文部科学相なり、現職の文科省職員に聞いていただくのが本来の筋だ」と述べた。

 同時に、前川氏が25日に記者会見を開いて政府を批判した対応には「辞めた後、責任を持っていた組織について瑕疵(かし)があったかのようにおっしゃるのは理解できない」と強い不快感を表した。

 前川氏は25日の会見で、愛媛県今治市の国家戦略特区指定に関し「総理のご意向」などと記された文科省作成の記録文書が存在するとして、「公平公正であるべき行政がゆがめられた」などと主張した。

 この点に、井上氏は「国家戦略特区については諮問会議があり、きちんとした手続きが取られている」と反論。獣医学部の新設にも「いわゆる忖度(そんたく)が入り込む余地のない審議が大学設置学校法人審議会で行われている」と強調した。

会員限定記事会員サービス詳細