北朝鮮への観光渡航を禁止する法案提出 米国民について米超党派議員

 【ワシントン=黒瀬悦成】米下院のシフ(民主党)、ウィルソン(共和党)両議員は25日、米国民が観光客として北朝鮮を訪問することを禁じる法案を提出した。観光以外の目的で渡航を希望する場合は、対北朝鮮制裁を所管する財務省から特別の許可を得ることとしている。

 両議員は声明で「北朝鮮での緊張激化により、米国人が政治的理由で拘束

される危険性はこれまで以上に高まっている」と強調。その上で、「北朝鮮は米国人訪問者を(米朝)高官による会合の実現や各種の譲歩を引き出すための取引材料に使おうとしている」と指摘し、渡航規制強化の重要性を訴えた。

 北朝鮮は今月6日、平壌科学技術大学に勤務していた韓国系米国人のハクソン・キム氏を「敵対的行為」の疑いで拘束するなど、現在計4人の米国人の身柄を拘束している。

会員限定記事会員サービス詳細