皇后さまがご養蚕「上蔟」作業

 皇后さまは24日、皇居内の紅葉山御養蚕所で、蚕に繭作りを促すため、わらなどで編んだ「蔟(まぶし)」と呼ばれる網に蚕を移す「上蔟(じょうぞく)」の作業をされた。

 皇居での養蚕作業は明治時代から歴代の皇后が継承。紅葉山御養蚕所では現在、約13万匹の蚕を飼育している。皇后さまは「大きくなりましたね」と声をかけながら蚕を手に取り、自ら編んだ蔟に蚕を移された。

 蔟に移された蚕は間もなく繭を作り始め、早ければ今月下旬、皇后さまが今年初めて繭を収穫する「初繭掻(まゆかき)」に臨まれる。

会員限定記事会員サービス詳細