衝撃事件の核心

「山伏装束の〝祈り〟勝手に撮られた!」SNSに写真投稿され…修験道イベント参加男性が怒りの提訴

ある修験道のイベントに参加した男性が、山伏の装束で祈りをささげている姿を宗教施設側のカメラマンに撮影され、フェイスブックにアップされた。「盗撮された」と訴え、肖像権の侵害を理由に提訴に踏み切ったが、カメラマン側は「黙示の承諾の範囲内」と主張。注目の司法判断は…
ある修験道のイベントに参加した男性が、山伏の装束で祈りをささげている姿を宗教施設側のカメラマンに撮影され、フェイスブックにアップされた。「盗撮された」と訴え、肖像権の侵害を理由に提訴に踏み切ったが、カメラマン側は「黙示の承諾の範囲内」と主張。注目の司法判断は…

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の普及と裏腹に、写真投稿をめぐるトラブルも相次いでいる。承諾なしに写真をアップされたというのがその大半。大阪府の男性もまた、その渦中に巻き込まれた。山伏の装束で祈りをささげている場面を勝手に撮影され、「相当なパワーのある方」とフェイスブックに投稿されたというのだ。男性は肖像権の侵害を主張して提訴に踏み切ったが、行事は一般参加者も募ったオープンなもので、撮影者も宗教施設側のカメラマン。被告側は撮影・投稿について「黙示の承諾の範囲内だ」と真っ向から争った。SNSトラブルをめぐる司法判断は-。

修験道のイベントで…

訴訟に関する記録によると、事の顛末(てんまつ)は以下のようなものだった。

平成25年春、今村昭義さん=仮名=は、関西の寺院などが主催する修験道のイベントに参加した。今村さんは数年前に寺付近の山を拠点とする修験道場の会員になり、毎週のように行事に臨んでいた。

その日は普段立ち入れない霊場にも一般参加者を招き、修験者らとともに初心者コースを歩いて最後は護摩の火にあたる、というプログラムが組まれていた。

ここに広告業に携わるカメラマンが登場する。寺と業務委託契約を結び、年中行事や境内などを撮影して寺のブログやツイッター、フェイスブックに掲載するのが仕事だ。この日のイベントにも広報係として同行し、さまざまな場面を撮影していた。

カメラマンはその日のうちに、寺のSNSにイベントの紹介記事と複数の写真をアップ。さらに翌日、個人的に開設しているフェイスブックにも同じ内容を投稿した。

会員限定記事会員サービス詳細