「がん患者働かなくていい」発言の自民・大西英男衆院議員、謝罪しながら「患者の努力を傷つける発言なかった」 すっきりしない記者団とのやりとり詳報

--受動喫煙を望まないで、そういう職場で働かざるを得ないという人がいるのも事実だと思う。そういう人たちの気持ちを逆なでするのではないかという声も出ると思うが

「ご指摘だが、100分の1ぐらいなんですね。飲食店の、小零細で小規模なところは。あとは、大半はすべて受動喫煙防止のための施策をやるべきだと。それについては私どもはまったく異議はありません。そのための施策も進めていかなければいけないと主張をしています。ですから、大半の人たちは、職場で受動喫煙によっての被害を受ける恐れはなくなる。ある意味では世界一の喫煙防止国家に、日本はなっていくんじゃないかと思いますよ」

--撤回するお考えはないんでしょうか

「ありません。ただ、私の真意を、私も今までのファクスでお伝えしているように、趣旨をよくご理解いただいて、多くの方々のご理解も得られると思います」

--今回の発言が失言という自覚は

「あります。それはあります。それは、誤解を与えました。多くの方々に。特にがん患者や元患者の方々に心に深い傷を与えてしまったということについては、率直に失言だったと思います。このようなことは気をつけていかなければならないと、重々承知をして、厳しく戒めております」

--三原議員とのやりとりは

「三原先生には私の趣旨はお伝えしました。それは、三原先生がどうお捉えになっているかは分かりません。ありがとうございました」