原幹恵、「破裏拳ポリマー」出演 ぴっちりみっちり集中

映画「破裏拳ポリマー」
映画「破裏拳ポリマー」

 中高年には懐かしいタツノコプロのアニメ「破裏拳ポリマー」。これが何と実写になってよみがえる。13日公開「破裏拳ポリマー」で、セクシー衣装に身を包み、アクションシーンに挑戦するのが、グラドルで女優の原幹恵(29)。そんな衣装の裏側をのぞいた。(夕刊フジ)

 タツノコプロ55周年の記念作品である同作。過激化する犯罪に対抗するために作られた特殊装甲スーツ「ポリマースーツ」。これが奪われた。奪還に起ち上がるのが鎧武士だった。鎧には溝端淳平(27)。原はポリマースーツの研究者、稗田玲を演じる。

 「優しくて、強くてという女性なんですが、内面には悲しさを秘めているという二面性を、どう演じようかと苦労しました。シーンからは見えてこない感情も思いながら演じています」

 アクションシーンも経験した。「これまでもアクションの経験はあったんですが、今回は柔術を使うということで、撮影の4カ月前からみっちりと教えてもらいました」と明かす。