北関東鉄道紀行・茨城

ガルパンファンが集う聖地 鹿島臨海鉄道大洗鹿島線-大洗駅

 太平洋沿岸の田園地帯を走る鹿島臨海鉄道大洗鹿島線。夏には海水浴客でにぎわう観光地、茨城県大洗町の大洗駅内に「大洗駅インフォメーションセンター」がある。観光地図やパンフレットを置いている観光案内所なのだが、それ以上に目をひくのが、ぎっしりと並べられた戦車の模型や学生服。同町が舞台になった人気アニメ「ガールズ&パンツァー(ガルパン)」関連の品々だ。

 同センターは東日本大震災の翌年、平成24年3月に観光客の減少に悩んでいた町が設置。アニメのグッズの他に、声優のサイン色紙や登場キャラクターの特別住民票もある。同駅もアニメに登場しており、作品にゆかりのある場所をめぐる聖地巡礼スポットの一つになっている。飾られているグッズのほとんどはファンが寄贈してくれたものだというから驚きだ。

 「こんにちは、また来ちゃいました!」

 「お久しぶり、元気でしたか?」

 アニメファンと親しげに話すのは同センターの窓口で働く片野尚美さん(58)。「顔なじみになった方も多くて、最近は新しい情報をファンの方から教えてもらうことも多い」とほほ笑む。

会員限定記事会員サービス詳細