第2期電王戦

昼の休憩後、悠々と遅刻? 佐藤名人は穴熊、ポナンザは矢倉に構え 戦いの機会うかがう

【第2期電王戦】昼の休憩後、悠々と遅刻? 佐藤名人は穴熊、ポナンザは矢倉に構え 戦いの機会うかがう
【第2期電王戦】昼の休憩後、悠々と遅刻? 佐藤名人は穴熊、ポナンザは矢倉に構え 戦いの機会うかがう
その他の写真を見る (1/4枚)

 20日、兵庫県姫路市の姫路城で行われている「第2期電王戦二番勝負」最終第2局は昼の休憩が明け、午後1時半に対局が再開された。

 再開時間になっても佐藤天彦名人(29)は姿を現さず、コンピューターソフト「PONANZA(ポナンザ)」は佐藤名人不在のまま再開後の最初の一手を指す。佐藤名人は少し遅れて対局会場に戻り、少し考えた後、休憩明けの最初の一手を指した。

 昼の休憩が明けてもまだ駒がぶつかる戦いは起こらず、駒組みが続く。佐藤名人は穴熊に組み替え、攻めの機会をうかがっている。対するポナンザは陣形を矢倉に整え、こちらもじっくりと構えている。長い戦いになりそうな雲行きだ。

会員限定記事会員サービス詳細