偽「アディダス」「ナイキ」衣類販売…「パロディー、偽物認識ない」250点押収 42歳業者の女を逮捕

偽「アディダス」「ナイキ」衣類販売…「パロディー、偽物認識ない」250点押収 42歳業者の女を逮捕
偽「アディダス」「ナイキ」衣類販売…「パロディー、偽物認識ない」250点押収 42歳業者の女を逮捕
その他の写真を見る (1/3枚)

 スポーツブランド「アディダス」の偽のロゴマークを衣類に取り付けていたとして、京都府警北署などは17日、商標法違反容疑で同府向日市上植野町、衣類販売業、神林典子容疑者(42)を逮捕した。同署によると、三つ葉のロゴマークの文字が「orignal」となっていた。調べに対し「誰が見てもパロディーだと分かり、偽物を売った認識はない」と供述し、犯意を否定しているという。

 同署によると、神林容疑者は昨年12月〜1月、「アディダス アーゲー」社が商標登録を受けている三つ葉のロゴマークに似たロゴを商品に取り付け、商標権を侵害した疑いが持たれている。愛知の30代女性にスエットを約6千円で、東京の40代女性にズボンを3500円で、それぞれ販売したという。

 神林容疑者は3〜4年前からインターネットで衣類の販売サイトを運営。同署は倉庫から偽物とみられるアディダスのスエットやナイキのユニホームなど計約250点を押収した。