国際情勢分析

中国の国防動員法 「戦争法」は有事にヒト・モノ・カネすべて強制接収

 迫り来る危機を目の前にしてもなお、根拠なき情緒的な理屈で反対ばかり繰り返し、「戦争法だ」とレッテルを貼る勢力。心ある世界には「奇異な存在」と映る。日本の安全保障上のパワーをそぎ落として、弱体化させたい何らかの海外勢力の関与すら疑われる。

(上海支局長 河崎真澄)

■中国の有事法制関連法■ 1997年に施行された有事基本法の「国防法」があったが、動員の具体的措置に関する法令はなかったため、国防法を補完する「国防動員法」が2010年に成立。道路などの交通インフラの軍事利用を法制化する「国防交通法」が17年に施行された。同法は対中進出した外資系の企業も例外ではなく、企業のリスク管理の必要性を問う見解も根強い。