クールビズの室温「28度」は腰だめの数字? 「何となく目安でスタート」導入時の担当者が暴露 - 産経ニュース

メインコンテンツ

クールビズの室温「28度」は腰だめの数字? 「何となく目安でスタート」導入時の担当者が暴露

ポロシャツなどの軽装で働く職員ら=1日、千葉県庁(橘川玲奈撮影)
ポロシャツなどの軽装で働く職員ら=1日、千葉県庁(橘川玲奈撮影)

 環境省が平成17年度から呼び掛けている「クールビズ」期間の冷房使用時の室温設定について、導入時の担当者だった盛山正仁法務副大臣が11日の副大臣会議で「科学的知見をもって28度に決めたのではなく、何となく目安でスタートし、独り歩きした」と明らかにした。

 また、会議では、出席者から「28度は不快な温度だ」との意見が出て、関芳弘環境副大臣が「検討を加えたい」と応じ、科学的な知見を加えて検討する考えを示した。当初は関氏が「28度は不快な温度」と述べたとされたが、政府関係者は同日、「不快と発言したのは関氏ではなかった」と説明を修正した。

 ただ、萩生田光一官房副長官は「28度は人によっては汗をかいて、洗濯物などが増えているのではないか」と同調。クールビズのあり方の検討を提案した。

 クールビズは省エネルギーや地球温暖化対策のため、環境相だった小池百合子都知事が導入した。環境省は、冷房時の設定温度28度という基準は、労働安全衛生法などに定められたものを準用していると説明。同省の担当者は「エアコンの設定温度ではなく、室温を28度にしてほしいというのがお願いだが、うまく伝わっていないのは事実だ」としている。