浪速風

またも「アベ政治を許さない」

堺市の小学校では、廊下の掲示板に「アベ政治を許さない」ビラが張られていた(一部画像処理しています)
堺市の小学校では、廊下の掲示板に「アベ政治を許さない」ビラが張られていた(一部画像処理しています)

安倍晋三首相の「読売新聞を熟読してください」に野党が反発している。憲法記念日の3日付でインタビューに応じ、自民党総裁として、2020年に9条に自衛隊の存在を明記するなど新しい憲法の施行を目指すと語った。改憲派の集会でもビデオレターで紹介され、本紙も掲載した。後追いになったのが残念だ。

▶首相はムキになる嫌いがあるが、それはさておく。国会答弁に立つのは首相だから、と党総裁との立場を使い分けたが、「立法府軽視で、到底容認できない」(蓮舫民進党代表)ことだろうか。ならば「熟読した上でお聞きしたい」と答弁を引き出せばいい。よく新聞や週刊誌を元に追及してきたではないか。

▶甘いのである。かつては野党側の独自調査による爆弾質問があって、国会に緊張が走ったが、最近は揚げ足取りや失言によるオウンゴールを待つばかりだ。「アベ政治を許さない」と叫ぶだけでは、政権交代どころか、政党としての存在意義もない。

▼【関連ニュース】いじめられっ子だった手塚治虫…「正義のために怒るロボット」鉄腕アトム誕生の背景

▼【関連ニュース】民主党の大統領…「韓国の民主主義は死んだ」と保守派 日本は毅然と立場を 龍谷大の李教授