有名ブランドロゴ無断使用で男逮捕 商標法違反疑い 栃木

 県警生活環境課サイバー犯罪対策室と宇都宮南署は9日、商標法違反の疑いで、名古屋市西区見寄町、無職、丸形和久容疑者(32)を逮捕した。調べに対し、「お金が稼げると思ってやった」と、容疑を認めている。

 逮捕容疑は昨年10月26日、インターネットのフリーマーケットアプリで、加熱式たばこ用のシールに有名ブランド「Supreme」のロゴを無断で使用したとしている。

 同課によると、丸形容疑者がアプリ内で住居を偽り、栃木県としていたため、昨年10月下旬に商標権を持つ東京都内の有限会社から県警に通報があり、捜査をしていたという。