【憲法改正】民進・野田佳彦幹事長「立法府の審議のありように強く介入」 安倍晋三首相の提案に不快感 - 産経ニュース

速報

速報

13歳西矢椛が最年少「金」 中山楓奈が「銅」 スケボ女子ストリート

メインコンテンツ

憲法改正

民進・野田佳彦幹事長「立法府の審議のありように強く介入」 安倍晋三首相の提案に不快感

記者会見する民進党の野田佳彦幹事長=8日午後、国会内(斎藤良雄撮影)
記者会見する民進党の野田佳彦幹事長=8日午後、国会内(斎藤良雄撮影)

 民進党の野田佳彦幹事長は8日の記者会見で、安倍晋三首相(自民党総裁)が憲法9条改正による自衛隊の存在の明文化と平成32年の新憲法施行を目指す考えを示したことについて「極めて違和感を感じざるをえない」と不快感を示した。

 野田氏は「(国会の)憲法審査会で丁寧に議論を積み重ねているときに、行政府の長が『オリンピックを開く2020年までに』など、立法府の審議のありように強く介入する形で発言した」と言及。「自民党の憲法審のメンバーがどこまで(首相の発言を)共有していたのか、唐突感が分からない」とも述べ、まずは自民党内で議論を整理するよう求めた。

 首相が提案した自衛隊の存在の明文化については、「憲法審で9条の話は一言も出ていない」と強調したうえで、「急に9条で、しかも従来の自民党の議論と違うことについて、わが党が正面から答える段階でない」と述べた。

 平成32年の新憲法施行については「東京五輪・パラリンピックと関係ないことを持ち出していないか。あまりにも目的とタイムテーブルの置き方が恣意的すぎるのでないか」と語った。