産経抄

忍者を見倣おう 5月5日

 ▼「有事にはすぐ駆けつける」「父子兄弟にも話さない」。藩に提出した誓約書の写しが見つかっている。たいまつのたき方や毒薬の配合などを記した忍術書もあった。甲賀市では、文書に解説を添えて、今月中にも刊行する。先月末には、「忍びの里 伊賀・甲賀」が、文化庁により「日本遺産」に選定されたばかりである。

 ▼日本独自の「クール」な文化として、忍者のブームをさらに大きくするチャンスにしたい。同時に平成の日本人は、忍者の危機管理術を見習うべきである。彼らは長く平和が続いた江戸時代にあっても、有事への備えを片時も怠らなかった。

会員限定記事会員サービス詳細