エヴァの手書き原画も イオンモール岡山で展示

 大ヒットアニメ「エヴァンゲリオン」の原画などを展示する「エヴァンゲリオン展」が、イオンモール岡山(岡山市北区)で開催され、ファンらでにぎわっている。14日まで。

 同アニメは、巨大な人型兵器「エヴァンゲリオン」のパイロットになった少年少女と謎の敵「使徒」との戦いを描く。平成7年にテレビシリーズが放映され、19年から映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズが公開されている。

 同展は25年から、東京都や大阪府など全国13都府県で開催され、県内では初開催。会場には、テレビシリーズの企画書などの制作資料や新劇場版の原画や画コンテなど計約1300点が展示され、瀬戸内市の会社員、木下莉緒さん(21)は「手書きの原画などの過程が興味深いですね」と話していた。

 入場料は一般千円、大学・高校・中学生700円、小学生500円。開場時間は午前10時〜午後7時(14日は午後5時まで)。問い合わせはイオンモール岡山チケットセンター(電)086・941・8818。

会員限定記事会員サービス詳細