正論

時代を超えた芸術「海道東征」に愛国の神髄を聴いた 文芸批評家、都留文科大学教授・新保祐司

新保祐司氏
新保祐司氏

 ≪日本の戦後精神史上の事件≫

 4月19日の夜、東京で交声曲「海道東征」が高らかに鳴り響いた。日本の戦後の精神史上における一つの転換を告げる事件であった。これは、「海ゆかば」の作曲家・信時潔の評価がその代表作の復活によって正されたということであり、戦後長きにわたって封印されてきたこの曲の真価が広く認められたということである。

 しかし、交声曲「海道東征」の復活を、戦前への回帰とか戦前の日本を良しとする考え方の表れだとかのとらえ方をする向きもあるようなので、ここでこの曲の芸術としての価値について書いておくのも無駄ではあるまい。

 昭和15年、紀元2600年の年に奉祝曲として作られたこの曲は、そのような機会音楽でありながら、それを超えた芸術的な高みに達している。確かにその頃、当時の時代思潮に「便乗」した芸術も多く作られたであろうが、たらいの水と一緒に赤子を流すようなことをしてはならないであろう。戦前のものに対して、そのような愚挙を戦後の日本人はしてきたのである。最近の教育勅語をめぐる騒ぎもそのようなものであろう。