エンタメよもやま話

中国に媚びたが冷や水…目が覚めたハリウッド、買収案件「金ない」次々ご破算の深い事情

【エンタメよもやま話】中国に媚びたが冷や水…目が覚めたハリウッド、買収案件「金ない」次々ご破算の深い事情
【エンタメよもやま話】中国に媚びたが冷や水…目が覚めたハリウッド、買収案件「金ない」次々ご破算の深い事情
その他の写真を見る (1/2枚)

 さて、今週ご紹介するエンターテインメントは、久々となるハリウッドねたでございます。

 本コラムではこれまで、2013年4月21日付の「検閲大国・中国に屈する悲しきハリウッド…『世界2位の映画市場』札束で頬を叩かれ」などで、恐らく今年、米を抜き世界最大の映画市場に成長するとみられる中国にハリウッドが媚(こ)びまくっているトホホな状況について、何度も何度もご説明いたしました。

▼【関連ニュース】検閲大国・中国に屈する悲しきハリウッド…『世界2位の映画市場』札束で頬を叩かれ

 その一方で、昨年の9月16日付「中国に媚び『万里の長城』映画、でもマット・デイモン主役…ハリウッドご都合主義人種差別世界が激怒」では、中国の映画ファンが、ハリウッド映画のご都合主義に疑問を持ち始め、国産の映画になびき始めている状況といった、風向きの変化についてもご紹介しました。

▼【関連ニュース】中国に媚び『万里の長城』映画、でもマット・デイモン主役…ハリウッドご都合主義人種差別世界が激怒

 そんな中国とハリウッドの関係なのですが、ここにきて予想外の展開に突入しているのです。どういうことか?。平たくいえば、ハリウッドが中国を信用しなくなってきているのです。今週の本コラムでは、この件について詳しくご説明いたします。

■「GODZILLA ゴジラ」も買った中国…

 4月20日付米経済ニュース専門局CNBC(電子版)などが驚きをもって報じているのですが、中国一の大富豪、王健林(ワン・ジェンリン)会長(62)率いる中国の不動産開発大手、大連万達集団(ワンダ・グループ)が、米の有名なテレビ制作会社、ディック・クラーク・プロダクションズ(DCP)を昨冬、10億ドル(約1090億円)で買収すると発表しておきながら、これを突如、ご破算にしたのです。

 ワンダ・グループといえば、2012年に米第2の大手映画館チェーン、AMCエンターテインメントを26億ドル(約2800億円)で買収し、世界最大規模の映画館チェーンを抱える存在に。

 そして、2013年には中国東部・山東省の青島に総額500億元(約80億ドル=8700億円)を投じ、撮影スタジオや映画が題材のテーマパークなどを有する大規模な中国版ハリウッドを建設する計画を公表。

会員限定記事会員サービス詳細