高見国生の認知症だより(2)

「なりたくない」2つの理由…まず正しく知ることから

【高見国生の認知症だより(2)】「なりたくない」2つの理由…まず正しく知ることから
【高見国生の認知症だより(2)】「なりたくない」2つの理由…まず正しく知ることから
その他の写真を見る (1/2枚)

 若い頃は、70歳なんてひどいおじいさんだと思っていたけれど、なってみると自分はおじいさんとは思っていません。ご同輩のみなさんもそうではありませんか?

 しかし、気持ちは若いのだけれど体の老化は確実に進みますから、人間ドックでは2つや3つの病名を付けられます。そんな時、「他の病気は仕方がないけれど、認知症にだけはなりたくない」と多くの人が思います。

 なぜなんだろう。なぜ「認知症にだけはなりたくない」のか?

 2つの理由があるように思います。まずは、認知症になると、何もできない、何も分からない人になってしまい、生きている価値がなくなると思うからです。2つめは、認知症になると、家族に迷惑をかけると思うからです。

 この2つの理由は、本当にそうでしょうか。この2つの理由が解消すれば、認知症も怖くない、と思えるのではないでしょうか。

会員限定記事会員サービス詳細