朝倉氏滅亡5カ月前、義景出陣の書状発見 遺跡資料館 福井

 ■近江と越前、戦況詳しく

 県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館(福井市安波賀町)は27日、織田信長に敵対した戦国武将の朝倉義景(1533〜1573年)が、朝倉氏滅亡の約5カ月前に発した書状が見つかったと発表した。資料館は「慎重に情報収集を行い、出兵の機をうかがっていた様子がうかかがえる貴重な資料だ」としている。義景は出陣を渋り弱腰とされてきたが、従来とは異なる人物像が浮かび上がった。

 書状は元亀4(1573)年3月12日付で、近江朽木荘(滋賀県高島市)を拠点とする武将、朽木元綱(くつきもとつな)(1549〜1632年)宛てで、縦11センチ、横約37センチ。信長との関係が悪化した室町幕府最後の将軍、足利義昭の求めに応じ、義景自身が敦賀に向けて出陣したと伝えている。

 元綱は元亀元(1570)年の合戦で織田信長の京都撤退(朽木越え)を助けたとされているが、書状には「道中の通行の安全を約束していただき、安心して敦賀へ出陣した」との内容がしたためられていた。同資料館は、元綱が朝倉軍の道中の安全を約束し、朝倉側は近江経由で義昭の出兵要請に応じようとしていたと分析している。朝倉軍は結局、戦局の変化で越前に引き返し、信長の軍勢に攻められ滅亡した。

 愛媛大教育学部の川岡勉教授(日本中世史)は「義昭と信長は敵対関係にあり、朽木が義昭側だったことを裏付ける文書だ」とし、「義景が朽木ら義昭周辺の人物と連絡を取り合い、動いていたことは興味深い」としている。

 書状は県外の夫婦が保存し、資料館が鑑定した。29日からのテーマ展「朝倉義景の出陣」(5月31日まで)で公開される。

会員限定記事会員サービス詳細