【勝谷氏出馬会見(3)】兵庫県政は「ちょっと暗い」「現職の方の顔見えない」と一刀両断 「橋下徹さんみたいな見えすぎた人も…」(2/3ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

勝谷氏出馬会見(3)

兵庫県政は「ちょっと暗い」「現職の方の顔見えない」と一刀両断 「橋下徹さんみたいな見えすぎた人も…」

 --施策として、教育や少子高齢化のことを挙げられましたが、一番やりたいことは

 「教育ですね。一番効率的な投資は、人に対する投資です。なにも受験だけが教育じゃない。中年になっても、学ぶべきことはたくさんあります。僕なんかも毎日が勉強です。テレビに出るたび、新しい人に会い、新しいことを勉強して、どんどん蓄積ができてくる。いくつになっても勉強なんです。そうすると、自分の人生が楽しくなってきて、県全体も楽しく明るくなるじゃないですか。そういう広い意味での教育です。誰もがいつでも学び豊かにしていける、そういう県にしたい」

 --特定の政党からの支援を受けるつもりはあるか

 「ありませんし、してもくれない(笑)。県民党でいいと思います、僕は。そもそも中央の政党と地方の政治組織は違います。永田町や霞が関でいろんな人と会ってきていますが、そこでの動きと地方は違う。地方は政策も人間関係も人に付くが、中央は政党に付きますね。中央の考え方で、地方の政治は成り立たないと思う」

 --もし、(橋下氏が法律政策顧問を務める)日本維新の会が支援の意向を示したら受け入れるか