ゆるキャラ「チュッピー」 山崎製パン、パッケージ商品を中四国で発売

 岡山県総社市のマスコットキャラクター「チュッピー」をパッケージに登場させたスイーツが、同市に工場を置く山崎製パン(本社・東京)で開発され、5月1日から中国四国地方のコンビニエンスストア「ヤマザキショップ」(約1万店)を対象に発売される。

 商品名は「たまごのロールケーキ」「ホイップクリームドーナツ」の2種類。ともに108円で、岡山産牛乳のクリームを使用。

 パッケージには着ぐるみ姿のチュッピーと「子育て王国そうじゃ」の文字入り。1日午前11時から同市役所で販売開始セレモニーを行い、先着100人に2種類ずつ無料配布する。

 チュッピーはキャラクターの人気投票「ゆるキャラグランプリ(GP)」で昨年は過去最高位の全国3位。同社では、地域貢献の思いと、そのネームバリューから商品化に踏み切った。

 他の有名キャラと比べ、グッズ類の少なさが弱点とされたチュッピー。同GPからは昨年限りで「引退宣言」したが、初の県外向け商品誕生に周囲からは「引退撤回?」の声も…。

会員限定記事会員サービス詳細