新今宮「潜在能力高い」 星野リゾート、大阪で新ホテル計画概要発表 〝あいりん地区〟の近く…再開発は「使命」(2/3ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

新今宮「潜在能力高い」 星野リゾート、大阪で新ホテル計画概要発表 〝あいりん地区〟の近く…再開発は「使命」

 星野代表は進出を決める前に何度も新今宮駅周辺を訪れ、街のリサーチを重ねた。大阪のシンボル「通天閣」や「ジャンジャン横丁」などを巡ったうえで、「東京とは大きく異なるコテコテの大阪があった。観光客がディープな体験ができる絶好の立地」との思いを強くしたという。

新しい発想

 治安面の懸念も指摘されるが、「海外での治安の悪さとは違う。観光客が危険を感じるレベルではない」と明言。京都や奈良など有名観光地へのアクセスのよさも魅力となる。

 「問題のない地域では新しい発想など出てこない」と語る星野代表は、斬新なアイデアで地域に貢献する考えだ。星野リゾートは不振に陥っていた北海道のトマムリゾートを地元と共同で再生させた実績があり、新今宮駅前でも地域と協力しながら再開発に臨む。

 開業までまだ5年あるため、コンセプトの詳細や宿泊料金はこれから詰めていくが、地元ではホテル進出に伴う街の環境改善に期待が高まっている。(藤原直樹)