ひなちゃんパパの家族レシピ

春野菜のガーリックパン粉焼き

春野菜のガーリックパン粉焼き
春野菜のガーリックパン粉焼き

新ジャガイモにタケノコ、新タマネギ…。スーパーにずらりと並ぶ新鮮な春野菜が、新しい季節の始まりを告げています。

「春野菜はあまり手をかけず、みずみずしい旬の味を楽しむのがコツよ」

江上料理学院副院長の江上佳奈美先生が、こうアドバイスしてくれました。お薦めのメニューは、オーブントースターで手軽に作れるパン粉焼き。新ジャガ、新ニンジン、タケノコを使って、作ってみることにしました。

まず、ジャガイモとニンジンはあらかじめ火を通しておきます。今日のジャガイモはピンポン玉くらいのかわいいサイズ。よく水で洗って、皮をむかずに半分に切りました。大きい場合は4等分に。ニンジンは半月切りにして、それぞれ電子レンジで加熱しました。ゆでたり、蒸したりして火を通してもOKです。

「ただし、春野菜は水分量が多くてやわらかいので、火を通し過ぎると食感や風味が損なわれてしまうから注意してね」と江上先生。

ゴロゴロとした3種類の野菜をグラタン皿に重ならないように広げました。それを見たひなちゃんが、「ちっちゃな畑みたいですねぇ」。

パン粉はおろしニンニクを加えてバターで炒め、粉チーズを混ぜます。この味付けパン粉を春野菜にかけて、オーブントースターでこんがりと焼き色を付けて完成です。