今週の注目記事

弁護士会第1部(4)証拠なしに「慰安婦強制連行」「性的奴隷」 野蛮な国認知の背景に日弁連活動

法律家の良心は…

 「何を証拠に『強制連行』と断定したのか。証拠に基づいた事実の追究のプロであるべき弁護士が、証拠がない、あるいは不確かな証拠に基づいた会長声明を出したことは大きな問題だ」。日本の伝統と文化を守る「創の会」世話人で弁護士の堀内恭彦(51)は「客観的事実はあやふやでも、日本の責任追及と賠償実現ができればそれで良いという風潮が、当時の日弁連内にあったのではないか」と指摘する。

 慰安婦がここまで国際問題化し、「日本は性奴隷を用いた野蛮な国」と認知されるに至った原因の一つは、間違いなく日弁連の活動にある。

 「弁護士の良心があるなら、誤りが判明した声明は訂正や見直し、取り消しを検討すべきだ」。堀内はそう提案している。(敬称略 4月7日掲載)

▼(5)「直ちに廃止」先鋭化した脱原発 「政治でなく法的スキームの問題」…科学、国益考慮せず

 【用語解説】慰安婦問題 戦時中、日本や朝鮮などの女性が施設で日本軍将兵の性の相手をしていた。一部の元慰安婦が「強制連行された」と主張、朝日新聞などメディアが継続的に報じ、日弁連なども加わって人権侵害として国内外で問題視された。日本政府は一貫して強制連行の証拠は見つかっていないとしている。韓国などでは反日運動の象徴とされ、平成27年12月の日韓合意後も慰安婦像の設置が相次いでいる。

▼【関連ニュース】岡理大に獣医学部…安倍首相コネ開設!? 印象操作…実際は42年前からの悲願「今後も丁寧に説明」

会員限定記事会員サービス詳細