任天堂「スイッチ」は絶好調、1カ月で推計60万台販売 人気ソフト計画的投入が奏効(2/3ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

任天堂「スイッチ」は絶好調、1カ月で推計60万台販売 人気ソフト計画的投入が奏効

 発売当初は任天堂のソフトが2タイトルしかなく、ソフト不足を懸念する声もあった。しかしスイッチでは、ゲームの映像などを処理する「ゲームエンジン」を汎用(はんよう)タイプにし、他社がソフトを作りやすくしたことで、中小開発者によるソフトが増えている。

 また、今後のソフト発売計画を公表し、ユーザーが安心して買えるようにした。「スプラトゥーン2」など人気ソフトの発売時期を早めに知らせたことも販売を後押ししている。