米露関係は「低いレベル」 訪露の米ティラーソン国務長官、シリア問題は平行線

 【モスクワ=黒川信雄】米国のティラーソン国務長官は12日、モスクワでロシアのプーチン大統領、ラブロフ外相と相次ぎ会談した。米国はシリア攻撃後、初の直接協議でアサド政権の後ろ盾であるロシアに政策転換を促す狙いだったが、両国の溝は埋まらなかった。ただ米露は関係改善に向け作業部会の設置などで合意するなど、歩み寄りへの意欲もみせた。

 ティラーソン氏とプーチン氏の会談は2時間以上行われ、ラブロフ氏によるとプーチン氏は、ロシアが履行停止を表明したシリア上空での米露軍機の偶発的衝突を避ける施策を再開する意向を示したという。

 外相会談後の共同記者会見でティラーソン氏は、シリア情勢をめぐり「アサド政権は終焉(しゆうえん)に近づきつつある」と強調。アサド氏の「秩序だった退陣」が必要だと主張した。これに対しラブロフ氏は、米軍がシリア攻撃の根拠とした化学兵器使用疑惑をめぐり、国際調査団の派遣を要求。アサド氏の処遇についても「独裁者の交代」がよい結果をもたらした事例はないと強調した。

 ティラーソン氏は米露両国の信頼関係について「低いレベル」にあるとする一方、「関係の劣化を食い止めなくてはならない」とし、2国間問題をめぐる作業部会設置で合意したと表明。追加の対露制裁も話し合わなかったと述べ、ロシアへの配慮をみせた。ラブロフ氏も米露関係改善に向け、特別代表を任命する方針で一致したと明らかにした。

会員限定記事会員サービス詳細