麻生太郎氏あいさつ要旨

「大きな政策集団作る」「安倍政権は戦後最長に。吉田茂、問題じゃない」

 「われわれは堂々とそういった気持ちを持ちつつ、ぜひ、申し上げたいのは、白石徹君の話をさせていただいたが、われわれは衆院愛媛3区を守る。われわれは何かを守る。家族、会社、仲間、国、歴史、伝統を守る。そのことによって何かを守ることによって誇りが出てくる。誇りを持てて、それが己の分を知り、知識の限界を知り、それによって過去を学び、謙虚になる。そして守るべきものはきっちり守る。そして守っていく中で必ず新しい道を探す。真の保守のあるべき姿はこういうもんだと。それが為公会の軸のまっただ中に据えて今後とも頑張っていきたい」

 「為公会の仲間でわれわれは今、がっちりスクラムを組み、今の安倍政権の中で、戦後最長政権になりつつある。吉田茂、問題じゃない。たかだか7年。こっちはこのままいけば9年いきますよ。長さの問題ではない、安定だ。あのころはそこらでガチャガチャしてギリギリで6年か7年。今度は安定したものできっちり7年。それがデフレ不況からの脱却であり、世界の中に新しい政治を示し、さすが日本といわれるようなものの中核にのし上がる。そういう気概を持って今からまた頑張ってまいります」

会員限定記事会員サービス詳細