深海生息のタカアシガニ大阪湾で初捕獲

大阪湾南部で捕獲されたタカアシガニ。研究所水産技術センターの水槽で飼育されており、悠然と歩いているという=大阪府立環境農林水産総合研究所提供
大阪湾南部で捕獲されたタカアシガニ。研究所水産技術センターの水槽で飼育されており、悠然と歩いているという=大阪府立環境農林水産総合研究所提供

 日本近海の太平洋側深海に生息する世界最大のカニ「タカアシガニ」が、大阪府岬町小島沖で捕獲され、府立環境農林水産総合研究所が12日、発表した。

 今月10日に漁船の底引き網にかかったメスで脚を広げると約1・1メートル。大阪湾での捕獲は初めてだという。

 通常水深数百メートルに住むが、今回は同50〜60メートル付近で捕獲。同研究所は「春の産卵期は浅い所に移動するが、たまたま大阪湾だったのでは」。

会員限定記事会員サービス詳細