「手応えあり」大阪万博誘致 ASEANに売り込み、大阪で昼食会 関経連会長ら好感触

歓迎昼食会でASEAN各国の経済大臣らに紹介をうける2025日本万国博覧会誘致委員会会長代行の松井一郎大阪府知事(左)=8日午後、大阪市北区(山田哲司撮影)
歓迎昼食会でASEAN各国の経済大臣らに紹介をうける2025日本万国博覧会誘致委員会会長代行の松井一郎大阪府知事(左)=8日午後、大阪市北区(山田哲司撮影)

 2025年国際博覧会(万博)の大阪誘致に向けた誘致委員会は8日、東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国と日本の経済閣僚会議が大阪市内で午前中に開かれたのに合わせ、参加各国の大臣らを対象に歓迎昼食会を開催し、誘致への協力を要請した。

 昼食会では関西経済連合会の森詳介会長(誘致委会長代行)が「どこの国よりも優れた提案をする自信を持っている」とPR。大阪府の松井一郎知事(同)が万博のテーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」や開催の概要を説明した。

 ASEAN側を代表してあいさつしたブルネイのリム・ジョクセン第二外務貿易大臣は「ぜひ力添えできれば」と応じた。