シリア攻撃

米国連大使「さらなる措置を準備」追加攻撃を警告 米露が対立 ロシア「侵略行為」

 【ニューヨーク=上塚真由】トランプ米政権のシリア攻撃を受け、国連安全保障理事会は7日、公開の緊急会合を開催した。米国のヘイリー国連大使は、「さらなる措置を取る準備はしているが、その必要がなくなることを望む」と述べ、追加攻撃の可能性を警告し、アサド政権と後ろ盾のロシアを強くけん制した。

 また、ヘイリー氏は「アサド政権による化学兵器の度重なる使用を見逃すことはできない。化学兵器の使用や拡散を防止することは、米国の国家安全保障にとって不可欠だ」と述べ、攻撃の正当性を強調した。

 これに対し、ロシアのサフロンコフ国連次席大使は米国のシリア攻撃について「目に余る国際法違反であり、侵略行為だ」と非難。シリア空軍への攻撃はテロとの戦いを弱体化させるとし、「ワシントンからの支持を受けて、テロリストの気持ちがどれだけ高揚しているのか想像に難くない」と指摘し、米露が激しい応酬を繰り広げた。

 英国やフランス、イタリアなどは米国の攻撃に支持や理解を表明。非常任理事国の日本の別所浩郎国連大使は、「化学兵器の使用や拡散を決して許さないという米国の決断を支持する」と述べた。

 一方、会合の開催を要請したボリビアは、2003年に米国が安保理でイラクの大量破壊兵器能力を報告し、武力行使に踏み切ったことを引き合いに出し、米国のシリア攻撃を「極めて深刻な国際法違反」と痛烈に批判。スウェーデンやウルグアイも、法的根拠を問題視するなど各国の意見は割れた。

会員限定記事会員サービス詳細