東京五輪

幕張メッセ使用「4月から9月」 五輪・パラ大会組織委が意向 千葉県は短縮要請の意向

2020年東京五輪・パラリンピックで計7競技の会場に選ばれている幕張メッセ=6日、千葉市美浜区中瀬(中辻健太郎撮影)
2020年東京五輪・パラリンピックで計7競技の会場に選ばれている幕張メッセ=6日、千葉市美浜区中瀬(中辻健太郎撮影)

2020年東京五輪・パラリンピックで計7競技が開催される幕張メッセ(千葉市美浜区)の使用期間について、大会組織委員会が「(同年の)4月初旬から9月末までとしたい」という意向を県に伝えていたことが6日、分かった。同日開かれた千葉県の森田健作知事の定例記者会見で県側が明かした。

この6カ月間には会場設営の準備や大会終了後に原状回復する工事などに要する期間も含まれているとみられるが、千葉県は「幕張メッセの営業への影響を考慮すると長すぎる」として、今後の協議で使用期間の短縮などを大会組織委側に求めていく方針だ。

同県によると、こうした意向が県に伝えられたのは3月31日。ただ、提示された期間中に実施する工事の内容や、幕張メッセのどのホールを競技会場として使うのかといった詳細は、まだ伝えらていないという。幕張メッセのすべての施設を使用した場合、1日の使用料は約3千万円に上る。

東京五輪・パラの招致段階で作成された立候補ファイルでは、五輪の開催期間は2020年の7月24日から8月9日。五輪後に開催されるパラリンピックは8月25日に開会式、9月6日に閉会とされていた。