岡山理科大に獣医学部(下)

安倍首相コネ開設!? 実際は42年前からの悲願、文科省いくども交渉…今治市「今後も丁寧に説明し続ける」

 一方、文部科学省は「大学、短期大学、高等専門学校等の設置の際の入学定員の取り扱いに関する基準」で新設を抑制してきた。このため、愛媛県と今治市は平成19(2007)年度から実に15回にわたり、獣医師の定員増規制の地域解除を特区として認めるよう提案を繰り返してきた。

 「ようやく実現したのに、森友学園の問題と一緒にして、政争の道具にしないでほしい」と阿部教授は憤る。加計学園と安倍首相の関係については、「分からない」としたうえで、「不法不適切なことが獣医学部の設立にかかわっているのなら問題だが、それならばそれで、国が公的な予算をつけて開設してもらいたい」と言葉に力を込めた。

■文科省と愛媛県・今治市、交渉を重ねた結果の開設

 今治市は大学誘致を目指す「学園都市構想」を昭和50(1975)年に決定。用地は昭和58年の土地造成時から、高等教育施設を誘致する目的で、合併振興基金として40億円を積み立て、用意していた。「長い年月をかけて正式な手続きを踏んでいる」と正当性を説明する。しかし、国会などで取り上げられたため、獣医学部開設のアピールを自粛しているという。3月下旬の起工式も関係者のみで質素に行った。

会員限定記事会員サービス詳細