【話の肖像画】作曲家・すぎやまこういち(1)「ドラクエ」は僕のライフワーク(3/3ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

話の肖像画

作曲家・すぎやまこういち(1)「ドラクエ」は僕のライフワーク

 僕は、ゲーム音楽の作曲は「ドラクエ1本に絞ろう」と考えていますが、もし「ドラクエ」に出合っていなかったとしても、別のゲームで作曲を手掛けていたと思います。その場合、ひょっとすると、(『ドラクエ』のライバルである)「ファイナルファンタジー」の音楽をやっていたかもしれませんね(笑)。(聞き手 本間英士)

【プロフィル】すぎやまこういち

 昭和6年、東京都生まれ。東京大卒業後の31年、文化放送に入社し、33年には開局1年前のフジテレビに移籍。「ザ・ヒットパレード」や「新春かくし芸大会」などの人気番組を手掛けた。その一方で、作曲家としてザ・タイガースなどのヒット曲を手掛け、グループサウンズブームを支えた。40年の退社後は作曲活動に専念。CM曲や競馬のファンファーレ(東京・中山競馬場)などを作曲した。オーケストラの指揮者としても活動している。