アート 美

「雪村 奇想の誕生」展 戦乱の世に愛らしい絵を描き続けた謎の画僧 尾形光琳も私淑

 「悲母観音」で知られ、近代日本画の父といわれる狩野芳崖ら日本画の巨匠たちも手本にした。日本美術史において雪村は大きな存在だった。

 「雪村 奇想の誕生」は5月21日まで(会期中展示替えあり)。東京都台東区上野公園12の8、東京芸術大学大学美術館。月曜休。一般1600円、大学生1200円、高校生900円。問い合わせはハローダイヤル(電)03・5777・8600。

会員限定記事会員サービス詳細