オトナの外来

仮面うつ病も注意、治すより付き合うことが大切…働き方や意識を変えねば「完治」難しい

 うつ病は、「楽しかったことが楽しめない」など気分の落ち込みが2週間以上続くと疑われる精神的な病である。精神状態だけでうつ病を判断するのは難しいので、睡眠障害と自律神経失調症のような症状が続くとうつ病を疑ったほうがいい。睡眠が十分にとれなくて、体のあちこちの調子が悪い場合は、うつ病が隠れている、いわゆる仮面うつ病である可能性がある。

 睡眠障害には寝つきが悪いという「入眠障害」、夜中に何度も目が覚める「途中覚醒」、遅く寝たのに午前5時くらいに目が覚めてから寝られない「早朝覚醒」がある。もちろん、寝つきが悪く、途中何度も起きて最後は午前5時から寝られないという3つのパターンが混ざることも多いだろう。

 睡眠状態が深刻なだけでもうつ病を疑う必要があるが、それに頭痛、めまい、耳鳴り、口の渇き、動悸、肩こり、腰痛で、胃腸の調子が悪い、冷え性やのぼせなどの更年期障害に似た症状がある場合はかなり疑わしい。

 いろいろな症状がある割に、検査でははっきりした原因が見つからない。例えば、頭痛が激しいのでCTやMRIなどの検査をしてもよくわからない場合は、メンタルストレスが原因である可能性が高い。睡眠が悪く、原因の分からない症状が3つ、4つあり、いろいろな治療で回復しないようなら、一度心療内科や精神科を受診したほうがいいかもしれない。

会員限定記事会員サービス詳細