栃木スキー場雪崩

大田原高山岳部員ら8人死亡 負傷者40人 スキー場コース外で訓練

スキー場雪崩で負傷し、自力で下山する高校生ら=27日、栃木県那須町(桐山弘太撮影)
スキー場雪崩で負傷し、自力で下山する高校生ら=27日、栃木県那須町(桐山弘太撮影)

 27日午前8時半ごろ、栃木県那須町湯本のスキー場「那須温泉ファミリースキー場」付近で雪崩が発生し、高校生らが登山講習中に巻き込まれた。県警によると、県立大田原高山岳部の男子生徒7人と顧問の男性教員1人が死亡。この8人以外の負傷者は40人で、重傷者は7人としている。

 那須町付近は27日朝から雪が多く降り、雪崩注意報などが継続していた。専門家は、「表層雪崩」の可能性を指摘。県警は、悪天候の中で訓練を実施した判断などについて業務上過失致死傷容疑で捜査している。死因は全員、圧死だった。

 県教育委員会によると、県高校体育連盟が25日から2泊3日の日程で開いた「春山安全登山講習会」に、大田原高など7校の計62人が参加。生徒40人と教員8人が積雪をかき分けながら歩く「ラッセル」の訓練をしていた際、雪崩が発生したとみられる。残る14人はこの訓練に加わっていなかった。

 県警や消防によると、訓練はロッジから約500メートル離れ、標高約1300メートルの第2ゲレンデ上部付近で実施。目測によると雪崩の規模は約100〜200メートルとみられる。