姫路こども園定員超過

発覚1週間 スプーン1杯の給食、電源抜かれたエアコン…次々判明する法令違反に職員も唖然

 園長は短大を卒業後、民間企業や託児所への勤務を経て同園を設立。約470平方メートルの敷地はもともと父親が所有し、認定後に贈与を受けた。付近の住民らは「運営資金に困っているようには思えないのだが」といぶかしがる。

 認可外で維持へ

 県は29日に園長の聴聞を行った上で、月内に認定を取り消す方針。認定が取り消されると、国などからの給付金の支給はなくなるが、園長は認可外保育施設として園を維持していく意向だという。

 超過受け入れの22人は、市の指導ですでに退園。新年度は現在在籍する37人と新たに入園する9人の46人で運営予定だったが、うち44人は別の園に移ることが決まり、残る2人も保護者が自宅で保育する。

会員限定記事会員サービス詳細