大相撲春場所

土俵人生懸けた自覚と執念、奇跡生む 稀勢の里「自分一人の力じゃない」

土俵下で止まらぬ涙…最高の結末

 賜杯を受け取る前の土俵下。「君が代」を斉唱しながら、涙が止まらなかった。「これは自分一人の力じゃない」。周囲への感謝を忘れず、必死に15日間を闘ってきた先に最高の結末が待っていた。

 自らを一人前に育ててくれた今は亡き先代師匠の鳴戸親方(元横綱隆の里)が昭和58年秋場所で成し遂げたのと同じ新横綱優勝だ。(藤原翔)

【大相撲春場所】土俵人生懸けた自覚と執念、奇跡生む 稀勢の里「自分一人の力じゃない」

会員限定記事会員サービス詳細