英議会テロ

新たに3人逮捕 重要人物か 容疑者、服役中に過激化も

 マスード容疑者は名前をたびたび変えており、事件前はアラビア語で「幸運な者」を意味するマスードを名乗った。バーミンガムのマスード容疑者宅の隣人は英メディアに対し、「夜だけ見かけたが、イスラム教徒の服装だった」「イスラム教徒の礼拝日の金曜日には祈りを欠かさず、モスクに通っていた」と証言した。

 警視庁は「英国生まれのテロリストの温床」とされるバーミンガムに、マスード容疑者が「ホームグロウン(自国育ち)」テロリストに転じたカギがあるとみて、背後関係の解明を急ぐ。

会員限定記事会員サービス詳細