浪速風

教育の世界よりむしろ…

卒業式で「仰げば尊し」を歌わなくなったのは、「仰げば尊し 我が師の恩」が尊敬の押しつけになるからという。そうだろうか。むしろ尊敬できる教師がいなくなったからではないのか。独自の教育論を掲げ、そのための小学校開設を目指していた籠池(かごいけ)泰典氏は教育者だろうか。

▶証人喚問でも疑惑は解明されなかったが、わかったことがある。かつては「記憶にございません」を連発した政商や、緊張で手が震えて署名ができなかった商社副社長がいたが、質問によどみなく答える姿は、追及する議員より一枚上手だった。あの図太さは、別の世界でなら極めて有能であろう。

▶定員を大幅に超える園児を受け入れ、40人余りの給食を約70人に分配していた姫路市の私立認定こども園も「損得勘定」優先だった。教師になるには教員免許が必要で、保育士も国家資格がいる。なのに経営者は…。一段高い知識と経験、何より子供たちへの愛情が求められるはずだが。