積翠寺温泉「坐忘庵」が休館 改装資金の調達困難、再開めどたたず 山梨

 ■従業員20人解雇、出資者募る

 甲府市上積翠寺町の温泉旅館「坐忘庵」(客室28室)が21日のチェックアウトを最後に休館した。施設の維持・改装に伴う資金調達が難しくなったためで、今後は出資者を募りながら再開を目指すが、めどは立っていないという。1月末に閉館した旅館「要害」に次ぐ措置。武田信玄公ゆかりの積翠寺温泉にあった2軒の宿が、いずれも姿を消した。

 坐忘庵は「古湯坊」として明治時代から続いた伝統ある温泉宿。現在の建物は平成9年9月に完成した。だが、13年に創業家の法人が経営破綻。その後競売にかけられ、株式会社「坐忘庵」(保坂陽子社長)が落札。同社は建物を改装し、21年7月に開業した。

 直近の売上高は約2億8千万円(28年2月決算)。開業当初から1、2割減少したものの、近年は横ばいで推移してきたという。

 同社は浴室設備や客室の冷暖房、水回りなど「老朽化でお客さまが期待する水準を維持できなくなった。改装費用が調達できず休業を決めた」(保坂学専務)と説明している。

 休館に伴い、正社員、パートなど約20人の従業員は、シェフら一部を除き解雇する。会社は存続させ、支援先を探す。

 積翠寺温泉では、もう1軒の旅館「要害」も、施設維持費の将来的な負担を考慮し、1月末で営業を停止した。4月から障害者施設となる。

 保坂専務は「積翠寺に1軒残された温泉旅館としての責任を重く受け止めている。早期の再開に務めたい」と話している。

                   ◇

 ◆「信玄公ゆかり」再開望む声

 積翠寺温泉は武田神社(甲府市古府中町)から北側に約2キロと近く、参拝後に入浴や宿泊する観光客も多かった。

 甲府市観光協会の矢具野武雄事務局長は「信玄公ゆかりの温泉として高い集客効果があった。早期再開を願っている」とショックを隠しきれない様子。同協会は今後、観光客を武田神社の西側約3キロの湯村温泉郷に誘導したいという。市観光課の里吉一哲課長も「急傾斜地の農業振興地域で、旅館の新設や改装は難しいと聞いている」と指摘する。

 「眺めがよく、他の温泉街にない魅力がある。観光資源の一つとして情報発信してきたので驚いている。支援者探しを見守りたい」と話した。

 1月末に閉館した「要害」の山本淳仁社長は「うちより歴史が古い旅館で、2軒が多くの人たちに愛されてきた。積翠寺の温泉が無くなるのは非常に残念。支援者が早く見つかり、お湯を楽しんでもらえる日がくることを願っている」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細