ぷち旅グルメ

納豆パフェ 茨城県庁展望台「Cafe de SORA」(水戸市)

 ■ナッツのような意外な味わい

 茨城県庁(水戸市笠原町)は県内随一の高さを誇るビル。最上階の25階、地上約100メートルに設けられた展望ロビーからは遠く筑波山や太平洋も見渡せる。「Cafe de SORA」では、その絶景を眺めながら食事ができる。

 県庁内のカフェのため地元の食材を使ったメニューも並ぶが、中でもひときわ目を引くのが「納豆パフェ」(460円)だ。白ごまのアイスに、小粒の県産納豆をトッピングした。

 同店の深沢恵美子店長は「ごまの香りが納豆の臭みをなくし、食べやすい。納豆がナッツのような味わいを出す」と話す。組み合わせのインパクトもさることながら、混ぜるとトルコアイスのように伸びるのも楽しく、写真を撮る人が多いという。抹茶アイスに黒豆納豆を乗せた「黒豆納豆パフェ」(460円)も人気だ。

 アクセス 常磐自動車道水戸インターチェンジ(IC)から国道50号を水戸市街方面へ。サントル千波交差点を右折し、約1・5キロ進む。または北関東自動車道茨城町東ICから北へ約5キロ。JR水戸駅南口から直行バスも運行している。

会員限定記事会員サービス詳細