主張

籠池氏喚問 国有地売却の疑問とけぬ

 籠池氏は、購入過程で政治家の関与が「あっただろう」と述べた。小学校の開校に向け、協力を依頼した自民党や日本維新の会の3人の政治家の名も明かした。

 証言には曖昧な点やブレもみられる。名指しされた政治家は自ら説明し、いわれのないことであれば汚名をすすげばよい。

 小学校建設にあたり、籠池氏は国土交通省や大阪府などに建築費が異なる工事請負契約書を提出していた。大阪府では刑事告訴も検討しているという。

 この点について籠池氏は「刑事訴追を受ける可能性がある」として証言を控えた。違法性が問われる問題であれば、本人の証言を待たず、司直の手で疑義を徹底的に解明すべきである。

 籠池氏は、首相の昭恵夫人から2人きりの場面で100万円を寄付されたなどと語った。国有地の定期借地契約の期間延長で、携帯電話で支援を求めたとも述べた。首相側は重ねて否定している。

 100万円の寄付は、籠池氏が冒頭発言で強調した点でもある。主張が百八十度対立している以上、予算委員会として夫人に直接、事実関係を確認する作業も必要となろう。