森友学園参院予算委

詳報(1) 安倍晋三首相「100万円のやりとりもございませんし、10万円のやりとりも一切ありません」

参院予算委員会の集中審議で質問に答弁する安倍晋三首相=24日午前、国会・参院第1委員会室(斎藤良雄撮影)
参院予算委員会の集中審議で質問に答弁する安倍晋三首相=24日午前、国会・参院第1委員会室(斎藤良雄撮影)

 参院予算委員会は24日、学校法人「森友学園」(大阪市)の籠池(かごいけ)泰典氏に対する23日の証人喚問などに関し、安倍晋三首相と関係閣僚が出席して集中審議を実施した。詳報は以下の通り。

 《予算委は午前9時過ぎに始まり、大阪府豊中市の国有地の売却交渉時に財務省理財局長だった迫田英典国税庁長官と、近畿財務局長だった武内良樹財務省国際局長が政府参考人として出席した。まず自民党の西田昌司氏が質問に立ち、安倍首相の昭恵夫人と籠池氏の妻とのメールのやり取りを取り上げた》

 西田氏「昨日、私は籠池氏にも承認を得て、昭恵夫人と(籠池氏の妻と)のメールのやり取りの話があったから、それを官邸から出していただいて、(予算委の)皆さんに配っていただくようにお願いしたが、どういうわけか、(委員会前の)理事会で否決された。仕方ないので配らないが、説明したい」

 「昨日の証人喚問でわかったことは、(籠池氏側が国有地取得に関し)安倍首相夫妻には請託をしてこなかったということは、はっきり言われている。それから寄付金の話はあったが、主張がすり合わない。寄付金はもらったと言っているが、密室の話をしてしまっているから、この話はほとんど意味がない。そもそも寄付金を百歩譲って、(籠池氏に)あげたとしても何の法的問題もない話だ」