森友学園参院予算委

「悪魔の証明」迫られた安倍晋三首相 対抗策は次々裏目に… ダメージ回避に起死回生の一手はあるのか?

参院予算委員会の集中審議で、民進党の福山哲郎幹事長代理の質問時、頭を押さえる安倍晋三首相=24日午前、国会・参院第1委員会室(斎藤良雄撮影)
参院予算委員会の集中審議で、民進党の福山哲郎幹事長代理の質問時、頭を押さえる安倍晋三首相=24日午前、国会・参院第1委員会室(斎藤良雄撮影)

 学校法人「森友学園」をめぐる疑惑で国会が大揺れの中、安倍晋三首相は狐につままれたような気持ちなのではないか。それでも昭恵夫人の「口利き」疑惑も、「100万円寄付」疑惑も、「ない」と証明するのは「悪魔の証明」と言われるほど難しい。このまま野党のペースにはまり、ズルズルと「森友国会」を続ければ政権のダメージははかり知れない。首相に起死回生の一手はあるのか-。(田北真樹子)

 首相は24日の参院予算委員会で、私信である籠池泰典氏の妻と昭恵夫人のメール内容まで公開に応じた。水掛け論を防ぎたいとの思いからだった。23日の証人喚問での籠池氏の証言について首相はこう言い放った。

 「悪意に満ちたものであるということは申し上げておきたい」

 これで疑惑が晴れるかと思ったが、野党の追及はやまない。福島瑞穂氏(社民)に至っては「(寄付してないなら)メールが『祈ります』から始まるわけないじゃないですか」と独自解釈を披露し、首相を責め立てた。どんな抗弁も受け付けないならば、国会は「魔女狩り」に等しい。

会員限定記事会員サービス詳細